腸閉塞と便秘の関係とは

トイレのマーク

腸閉塞とは腸内にある食べ物や消化液が何かが原因で腸内に溜まってしまう病気のことです。
症状として刺すようなおなかの痛みや嘔吐、おなら、便の停止などがあります。
このような症状が出ているのにずっと放置しておくと意識混濁になるなどするので決して油断できない病気です。
治療する時には入院が必要ですし、その期間中は食べ物も水分補給もできないのです。
原因の最も多いものは手術をした後の癒着だと言われています。
特に高齢者に起こりやすいですが、若い頃の手術が原因で高齢になってから起きるということもありますので注意が必要です。
手術をしていなくても腸自体が異常を起こせば癒着が起きる可能性があります。
腸内にできた腫瘍や食べたものが固形してしまい腸を塞いでしまったり、重度の便秘が原因となることもあります。
腸の様子がおかしいと感じたらなるべく早く消化器科へ行き、診察を受けると良いです。
腸閉塞を防ぐためには毎日腸のことを考えた健康的な生活をしていく必要があります。

重度の便秘になる前に

腸閉塞にならないためにまずは腸の調子を整えましょう。
腸の調子を整えるためにおすすめなのが乳酸菌です。
乳酸菌は悪玉菌の増殖を防いで腸の働きを高めてくれます。
消化吸収を助け、便秘の原因となる有害な物質の抑制をし、免疫力も高めてくれます。
これが減ってしまうと風邪や便秘、肌荒れ、リウマチ、がんなどの悪影響を及ぼす可能性があります。
できれば毎日補ってあげると良いのですが、ほとんどの場合、腸へ届く前に死んでしまいます。
しかし最近注目されている有胞子性のものは酸や塩分、糖分に混ざっても優れた効果を保つことができるので積極的に摂取していくと良いとされています。
サプリメントで摂る場合には有胞子性のものであるかどうかをチェックしておくといいです。
乳酸菌をサポートするものとしてオリゴ糖も良いといわれています。
そして便秘を防ぐといえば食物繊維です。
悪玉菌を減少してくれる食物繊維は乳酸菌が活躍しやすい環境を作ってくれるからです。

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930